[ご報告]

本日を持ちまして、映像制作団体NOAH NAMEはAlternative movie合同会社と合併吸収する運びとなりました事をご報告させて頂きます。

兼ねてよりAlternative movie合同会社のスタッフがNOAH NAMEに所属していたりと境界線があやふやになりつつあり、沢山の方から紛らわしい等のご意見を頂いておりました。

頂いた貴重なご意見を反映致しますと共に、Alternative movie合同会社とNOAH NAME双方のスタッフが新たなスタートを切り今後とも皆様のご期待に添えますよう尽力させて頂きます。

また、合併後もNOAH NAMEは名前を残し弊社メディアとして運営を続けさせて頂きます。

突然のご報告で誠に恐縮では御座いますが、今後ともAlternative movie合同会社を何卒、宜しくお願い致します。

〜弊社一同〜

SYSTEM5さんの福袋15万円のコース(ジンバルLセット)を購入!

明けましておめでとうございます!
さて今回はSYSTEM5さんの福袋を購入いたしましたのでレビューしたいと思います。

今回購入した福袋は15万円のコースのジンバルLセットです。

他には、10万円のコースと20万円のコースがありマイクセットやライブ配信セットやジンバルセットがありました。

でかい!

ヤマトさんから2つお届けでーす!って言われたときは心が躍りましたね。

ちなみにRONIN MかMXが欲しくてポチりました。

まぁ15万出してますからね!入っているでしょう!
ちなみにジンバルセットは10万円のコースもありそっちはRONIN Sと予想してます・・・

 

いよいよ開封・・・!

ドキドキしながら開封の儀です。

Σ(゚д゚;)

RONIN Sだった・・・
内容物は以下の通りです。

価格はSYSTEM5で購入した場合の新品の値段です。
まぁRONIN Sでもいいっていう人は完璧なセットですね。

この他に神田明神の商売繁盛のお守りが入っていました。

これで7万ポイントついてくる・・・すごいですね。

ちなみにTelloは2台持ってるので3台目になりましたw
ただ、RONIN M以上期待してたからすこしがっかりです。

とりあえず人生初ジンバルなので楽しみたいと思います!
今回は以上です。

【メッシュWi-Fi】事務所すべてにWi-Fi行き届くようにTP-LinkのDeco M5を導入

今回は映像系ではないですが、世の中すべての人が必須とも思えるWi-Fiに関しての話です。

今まではずっとAppleのTime Capsule 3TBを使っていました。ちなみにもう生産終了しています。

しかし、Iotというか時代の進歩というか接続してる台数が多すぎて安定しなくなってきたわけです。

ってことでいろいろ調べると「メッシュWi-Fi」という言葉が出てきました。名前からもう繋がりそうじゃないですか!

単純にWi-Fi出すポイントを増やすだけってイメージです。まぁ気になる方は調べてみてください。

そして今回紹介するメッシュWi-Fi機器はDeco M5

TP-Linkさんから発売されています。

外箱

まぁわかりやすいですよ。わかりやすい。

そして本体

今回は2個セットを注文しました。3個セットもありますがもし足りなかったら追加でもう一個買うことにします。

思ったより小さい

手に乗せてこれなので結構小さめです。

電源とLANポート2つだけ

非常にシンプル

 

あとは、普通にLANケーブル指して設置します。

あとはアプリを導入して手順に従って設定するだけです。

この設定も特に難しいことは無くすぐ終わります。

 

 

2台目は、すこし距離をおいて電源を挿すだけでOK。

あとはアプリ上でM5機器を追加することによってWi-Fiポイントが作成されます。

ちょうど機器と機器の真ん中立っても特に問題なく繋がります。

これがメッシュWi-Fiの利点ですね

でもTime Capsuleみたいにゲストネットワークが作れないのがなぁ・・・

ゲストネットワーク作れました。

Alexa対応ですがAlexaすでにあるので使ってません笑

しばらくはメッシュWi-Fi環境を楽しみます!

RX vega 64のeGPUの環境構築したときに苦戦した話※新型Mac mini用

新型Mac mini用の最強のeGPUを作ろう!

使ったもの

VEGA 64とAKITIOのPCIeボックスを購入しました。

http://amzn.asia/d/evuCkwG

https://www.powercolor.com/product?id=1511340918

GPUは、すこしケチってpowercolorのものを購入したのです。(聞いたこと無いメーカー・・・)

 

本当はSONNETのeGFX Breakaway Boxに入れたかったのですが、サイズが合わず断念・・・

http://www.sonnettech.com/jp/product/egfx-breakaway-box.html

前から持っていたRX 580をつけてMacBook Pro用にしています。

 

とりあえず普通に取り付け

ん?もしやこれ蓋が閉まらないんじゃ・・・?
と思って締めてみたら本当に締まりませんでしたw

ということでファンを無理やり外して別のファンに付け替える

以下は自己責任でお願いします。

まぁ裸でもいいかぁとか思っていたんですが、やはりうるさいので締めたいと思いグラボを解体して、自分で別のファンを取り付けることを決意しました。

上の画像のGPUのファンをレンチですべて外してヒートシンクのみの状態にしました。

裏側から6つネジを外せば取れるようになっていますが、ファン用の電源やLEDの電源がついているので切らないように気をつけてください。指だと難しいのでピンセットで取ることをおすすめします。

そして秋葉原に行って10mmの厚さの3ピンのPCケース用の端子がついたファンを購入しました。

こんなの

問題はGPU用のファンと3ピンのPCケースのファンの端子は全く形が違うことでした。

アキバのパーツショップの店員さんに聞いても変換は無いとのこと。そりゃそうだ・・・

ということでギボシ端子を使って自分で直接つなげることにしました。

このが右側の銀色っぽい透明っぽいのがギボシ端子

右のGPU用ファン端子から配線をちょん切って左の3ピンのPCケースのファンに変換しています。
メーカーによってプラスマイナスが違うので必ず検電テスターでチェックしてください!
赤がプラス、黒がマイナスじゃない場合がありました!

ギボシ端子の付け方はここらへん参考にしてください。

https://www.diylabo.jp/basic/basic-25-1.html

 

あとは分配してファンを取り付けるだけ・・・!

もともとGPUについてたファンも分解してつけちゃいました。

こんな感じで3Mの両面テープで無理やり止めました。

ヒートシンクにダイレクトに貼りつけました。

まぁ右側のところにもう一つファンがあってもいいかなぁ・・・

 

配線してキレイにまとめて完成!!

 

さぁこれで蓋はしまるかな・・・!?

 

閉まったぁ!!!!!
これでスマートにMac miniで編集作業が可能!

いやーよかった。

また最終的な編集デスクは別で書きます。

あと何度も言いますがこれやるときは自己責任でお願いします!

ついにBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kがやってきた!

とりあえず開封・・・!

本日11月21日朝8時頃にヨドバシ.comさんからBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが届きました!!

なんかいつものBlackmagic Designの箱のデザイン違うような・・・?

Davinci Resolve 15

ライセンスカードというものとSDに入ったインストーラーが入ってました。

手に持ってるカードの裏面にライセンスキーが記載されていました。

ちなみに僕は、持っていないどころか買おうとしてたので本当にオトクなカメラです!

買わなくて良かったー

電源の下にこんな感じに入ってます

内容物

AC電源

BlackmagicのLPE6

本体

マニュアルが入ったSD

DavinciResolve 15 ライセンスキー

たったこれだけです。

ストラップなどは入っていないので別で買う必要があります。

本当に必要最低限のものしか入れないことでここまで価格を落とせたのですね・・・

電源

これが電源です。

めちゃくちゃ指し辛い!!!
でもロックできるのはいいかも

保護フィルムを液晶に貼る

http://amzn.asia/d/fdUttEg

アマゾンで購入しました。

しかし貼ってみたらサイズがぴったりすぎて3回貼り直すことに・・・
おかげで少しだけホコリが入っちゃいました・・・

でも強度はあるのでおすすめです。貼るのが苦手な人は要注意!

 

とりあえず今回は開封編ということで!
またマウントアダプターやいろんなレンズでレビューしていきたいと思います。

 

おまけ

RAWの4K DCIの24の

Cfast2.0カード64GBで4分・・・

すごいな・・・

 

MacBook Pro13インチの2.7 GHz Intel Core i7 4コアの排熱問題とLate2016と2018の違い

排熱問題

MacBook Pro 13インチを新調したので15インチで話題の排熱問題を確認してみようと思います。

これがChromeとラインしか起動していない状態です。

 

これが4096×2304 240fpsの動画を再生してるときです。

あとスペックも貼っときます。

Late2016と2018の違い

上がLate2016、下が2018です。
若干キーボードのデザインが違います。

 

13インチはそこまで熱に問題がなさそうです。15インチも試してみたいですがそこまで余裕が無いですね笑
でもこれで念願のクアッドコア持ち運びPCができたので満足!
また何か気づいたら追記します!

 

オススメのSDカードケース Pelican 0915

PELICAN MEMORY CARD CASE 0915

NOAHNAMEオススメの超タフなSDカードケースをご紹介します。

  • 防水ハードケースで有名なPELICAN のSDカードケースです。
  • SDカード16枚・MINI SD8枚・MICRO SD8枚を収納可能
  • 防塵・防水(IPX4)・耐衝撃のSDカードケース。
  • 人間が乗っても大丈夫???
  • CF用(CFast)もあります0945 Memory Card Case 

日本のアマゾンにて購入可能ですが私はアメリカのB&H PHOTOにて購入しました、購入時は送料含めてもB&Hの方が安かったため。 続きを読む

NA611TB3でThunderbolt 3接続外付けRAID SSD(NVMe対応)を試してみた。

  • Netstor Technologyから発売されたSSD用ポータブルRAIDケース「NA611TB3」をご紹介します。
  • PCI Express Gen3 x2レーンインターフェースを2つ搭載し、RAID構成により最大2750MB/s転送性能を持っています。
  • M.2 NVMe 2242/2260/2280/22110 SSDがサポートされています。
  • Thunderbolt 3が2ポートついておりデイジーチェーンが可能です。
  • Thunderbolt 3を接続した瞬間に外付けSSDとして使用可能です。
  • 販売価格は、 Mypccase.comでは360ドルとなっています。

続きを読む